サイト内おすすめ記事

【刀剣乱舞】期間限定連続鍛刀キャンペーン開始!<ソハヤノツルキ・大典太光世・千子村正・小烏丸>

投稿日:

昨日から始まった秘宝の里イベント。
それと合わせて、本日の12時から、現在入手することができない刀剣男士の期間限定鍛刀キャンペーンも始まりました!
それぞれ、3日間ずつの期間限定鍛刀なので、未入手の方は、ぜひとも手に入れておきたいところです。

スポンサーリンク

ソハヤノツルキ・大典太光世・千子村正・小烏丸の4振が鍛刀で入手可能!

連続鍛刀キャンペーン

現在、通常のドロップや鍛刀で入手することのできない4振が、8月16日(水)12:00~8月28日(月)11:59までの期間限定鍛刀で入手可能。
入手できるのは、下記の4振です。

  • ソハヤノツルキ
  • 大典太光世
  • 千子村正
  • 小烏丸

鍛刀は3日ずつなので注意!

今回の鍛刀キャンペーンは、上記4振の刀剣が、3日間限定で順番に出るものです。
期間中ずっと鍛刀できるわけではないので、注意です!

ソハヤノツルキ<8/16(水)12:00~8/19(土)11:59>

ソハヤノツルキ鍛刀
第1弾鍛刀は、ソハヤノツルキです。
鍛刀期間は8/16(水)12:00から8/19(土)11:59まで。

鍛刀時間は4時間。
過去の鍛刀キャンペーンのとき派、ALL324というレシピでの報告が多かったのですが、今回もこのレシピで来たという人がいる模様。

大典太光世<8/19(土)12:00~8/22(火)11:59>

第2弾鍛刀は、大典太光世です。
鍛刀期間は8/19(土)12:00~8/22(火)11:59まで。

千子村正<8/22(火)12:00~8/25(金)11:59>

第3弾鍛刀は、千子村正です。
鍛刀期間は8/22(火)12:00~8/25(金)11:59まで。

公式からのお知らせに、
「2017年1月31日~2月2日まで開催された、「200万DL記念限定鍛刀」の際の千子村正の特別配合は、本キャンペーンには適応されません」とあるので、ALL200レシピは有効ではないようです。

小烏丸<8/25(金)12:00~8/28(月)11:59>

第4弾鍛刀は、小烏丸です。
鍛刀期間は8/25(金)12:00~8/28(月)11:59まで。

さいごに

鍛刀キャンペーンの後にさらに鍛刀キャンペーン…。
秘宝の里もやりつつ、鍛刀もとは、新人審神者には、なかなか厳しいかもですね。

村正の過去のキャンペーンの際の特別レシピは有効じゃないが、ソハヤと大典太のは有効との噂も。

-刀剣乱舞(とうらぶ)ゲーム攻略
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

刀剣乱舞2017年6月までの予定

刀剣乱舞(とうらぶ)5月・6月イベント・今後の予定情報!<2017年>

刀剣乱舞(とうらぶ)の公式Twitterで2017年5月から6月中旬までのイベント情報が公開されました! 詳細は近日公開予定だそうです。 目次1 刀剣乱舞(とうらぶ)5月・6月イベント情報1.1 戦力 …

小豆長光鍛刀CP

【刀剣乱舞】小豆長光(あずきながみつ)の優良配合レシピ・ステータス情報!<10月3日〜10月10日までの期間限定鍛刀>

2017年10月3日から刀剣乱舞-ONLINE- (とうらぶ)に、登場した新刀剣男士「小豆長光(あずきながみつ)」 この小豆長光は期間限定鍛刀(2017年10月3日〜10月10日)で入手する事ができま …

秘宝の里

【刀剣乱舞攻略】秘宝の里で篭手切江が報酬で登場!100,000個達成で入手可能【2017年8月15日~8月29日】

刀剣乱舞-ONLINE- (とうらぶ)のメンテナンスが終了しました。 そして、先日発表された新刀剣男士の篭手切江(こてぎりごう)が報酬として初実装されました! これは頑張らなきゃ! 目次1 「秘宝の里 …

極登場

【刀剣乱舞】初期脇差の「極」実装!短刀・極の戦闘バランス調整も遂に実施…

刀剣乱舞-ONLINE- (とうらぶ)2017年8月1日のメンテンスが終了し、全国の審神者が待ち望んでいた新「極」刀剣男士の情報が遂に公開。 皆さんの予想どおり、初期脇差がめでたく新「極」となって登場 …

地下に眠る千両箱

刀剣乱舞(とうらぶ)大阪城を攻略しよう!周回・ドロップ・報酬情報<2017/4/25~5/9>

当記事は、刀剣乱舞(とうらぶ)イベント大阪城(地下に眠る千両箱)の攻略情報になります! 開催期間:2017年4月25日(火)のメンテナンス終了時~2017年5月9日(火)の14時 目次1 大阪城(地下 …

サイト内検索

何かございましたら、下記のメールフォームからお問い合わせください。
◆お問い合わせ用メールフォーム◆

当サイトについては、こちらからどうぞ。
>当ブログについて